オダイ動物病院|荒川区足立区|犬猫ウサギ|トリミングペットホテル

rss

ブログ

2019

7/11

ハムスターのしこり


 

今回ジャンガリアンハムスターさんの体表のしこりを切除しましたので
ご報告いたします。
生後4ヶ月齢のまだ若いハムちゃんの胸部に1.5cmのしこりができてしまいました。
針生検の結果 上皮性悪性腫瘍を疑う細胞の塊が採取されました。

小さいハムちゃんは犬猫と比べ検査が少なく手術リスクもあります。
飼い主様とよく相談させていただき今回切除を実施しました。

麻酔をかけた状態でよく消毒します。

切除後の写真です。細い縫合糸を使います。
ハムちゃんは術後糸を自分で噛んでしまうこともありしばらく注意が必要です。

しこりの病理検査の結果「腺癌」という悪性の癌であること。脈管内浸潤なし クリーンマージンであることがわかりました。
悪性の癌ではありましたが 完全切除ができている 癌の周りの血管の中に癌細胞は確認されなかったことを示しています。

あとは健康診断を定期的に行い再発や体調の変化を観察していくこととなりました。